婚活でモテるLINEやりとり3つの条件とは?|婚活LINE講座vol.2

婚活で知り合った人とLINEをしていて、「もう一度会いたい!」と思われるには、どんなLINEをすればいいんでしょう。

これまで10年以上婚活に携わり、たくさんの婚活男女の相談にのってきました。

会ったあと、次のデートの約束ができず、LINEでフェードアウトされてばかりいる人もいれば、ごくごく自然に次の約束をして、デートにつなげる「モテLINE」を送れている人もいます。

たくさんのLINEを見せてもらい、そして私自身LINEセミナーを通して「ノウハウ」を伝え、そのフィードバックを得て、「モテLINE」にはごくごくシンプルな法則があることに気づきました。

この記事では、婚活での「モテLINE」の3つの条件を明かしましょう。

\私たちについて/
夫婦で婚活コンサルタントをしつつシェアハウスを運営したりしてます。10年以上婚活にたずさわってます。3年前に大分に移住したのを機に、地方ならではの婚活の形があることに気づき、地方の婚活に特化したコンサル・セミナーを行っています。

この連載は、一般的な「モテLINE」ではなく、婚活に特化したLINEのノウハウを伝える大好評のセミナーを文章化しました。
>>はじめから読む

>>私たちについて

シホさん

LINEが大事だってわかってるからこそ、LINEが苦手だって言う婚活男女、多いんです。知ることで苦手意識を克服しましょう!

婚活でのモテLINE 3つの条件

LINEでのモテLINE…この3つが条件です。

  1. つづく
  2. 楽しい
  3. キモくない

とってもシンプルですよね。

過剰なアピールは厳禁
男女間ならではの「色っぽさ」は婚活で出会ったばかりの相手とは、必要ありません!LINEでアピールしようとか、距離を縮めようとするのはリスクが高いのでやめておいた方が安全ですよ。
>>理由はこちら

では3つの条件の詳細を解説しましょう。

(1)つづくLINEがなぜモテる?

言わずもがな、デートの具体的な約束をする前にLINEが切れてしまうと、その時点で、その相手とのフェードアウトは決定してしまいます。

だから、最低限、どうしても、デートの約束を完了させるまでは、LINEのやり取りをする必要があります

ただ、それは最低条件。

目的はデートをすることではなく、お互いがもっとよく知り合い、関係を深めていくことですよね。

関係を深めるために、LINEは絶好のツールです

単純接触効果で、自然と好感度が高まる

たとえそれが「なんでもない」やりとりだったとしても、LINEを通してコミュニケーションをとることで、お互いが、お互いを意識する機会は増えます

その回数が、大事です。

心理学では「潜在意識現象としての、単純接触効果」というものが古くから知られています。

どういうことかというと、接触回数が増えるだけで、相手への好感度が高まるということです。

流行りの曲にハマる…
単純接触効果は、対人・対面に限りません。例えば、流行りの歌。流行りの芸能人。テレビで繰り返し繰り返し触れることで、最初はなんとも思ってなかったのに、気づくと好きになっているということ、ありますよね。

これと同じことが、婚活で出会った相手とのLINEでもありうるのです。

どうやったらLINEがつづく?

大事なのは、無理せず続けるということで、LINEを続けさせることが目的ではありません。

ただ、ちょっとしたポイントを抑えるだけで、LINEは続くようになります。

ポイントは

  • LINEの長さ
  • 話題選び
  • 質問の取り入れ方
  • 言葉づかい

などですね。

▼続くLINE詳しくは

>婚活中、LINEがつづかない理由は?やり取りがつづく5つのコツ

(2)LINEが「楽しい」ってのが大事

何度、LINEのやり取りをしていても、それがつまらない、暗い、退屈なものだとしたらどうでしょう。

続けること自体が重荷になってしまいますよね。

LINEを続けるにあたって、それが「なんとなく楽しい」ものであるというのはとっても大事なことです。

楽しいと、そのLINEを続けたくなるし、その先には、会いたくなるものです

「楽しい」LINEってどんなの?

大まかに「楽しい」という言葉を使ったけれど、じゃあ「楽しい」LINEってどんなものなんでしょう。

  • うれしい
  • おもしろい
  • 楽しい
  • 安心

そんなポジティブな気持ちを起こさせてくれるのが「楽しい」LINEです

じゃあ、どうやったらLINEが楽しくなるかというとポイントはこの4つです。

  1. 言葉づかい
  2. 絵文字・スタンプ
  3. 話題選び
  4. かけ合い

▼楽しいLINE詳しくは

>婚活中LINEの話題に困る…どうすれば楽しくなるの?

暗いLINE、送ってない?
楽しいLINEがいいなんて当たり前でしょ!と思うかもしれませんが、案外、暗い、ネガティブ、グチLINEを送ってしまっている方、多いんです。

真剣な相談をするというのはタイミング次第でありですが、それもLINEで完結させるのではなく、直接会った時にすることをおすすめします。

>あなたのLINE、あり?なし?チェックします

(3)キモイLINEになってない?

婚活でのLINEは、ちょっとした間違いで、あっという間に「キモく」なります。

こんなLINE送られてきたんですけど、、キモくないですか?
いや、ぶっちゃけ、なんかウザいというか、キモイというか…

そんな相談を何度受けたことか!

でも、そのLINEを送った人がキモイってわけじゃないんです。ただ、そのLINEがちょっとキモくなってしまっているだけ。

そもそも、お互いのことをよく知らない状態で、短い言葉のやり取りをするってのが、難しいですよね。

相手の表情も、いる状況もわからないんです。

短い言葉から、どんな意図でそれが送られたのかを読み取って、反応しないといけない。

これはかなり高度なコミュニケーションです。

▼かんちがい
相手の意図を間違って汲み取って反応した
▼センスがない
反応の仕方が微妙

こんなふうに認識されて、なんとなくキモイ…となってしまうのです。

シホさん

これは誰にでもありうることなので、キモイを恐れすぎず、失敗したな〜と思っても、「キモイの送っちゃった〜はは!」くらいのテンションでいたいものですね。

キモイくならないために大事なこと!

一番大事なのは、状況を読むことです

相手が、どんな意図で、どういう気持ちを込めてそのメッセージを送っているのか、読み間違えないようにしましょう。

よくわからなければ、少しLINEのやり取りを遡ってみるとその意図が分かるかもしれません。

その他にも…

相手と自分の関係以上のメッセージを送る

・個人的すぎる質問をする

答えに困る日記的なメッセージを送り続ける

といったことは、避けておいた方がいいでしょう。

▼キモいLINE詳しくは

>>婚活中キモイと思われるLINEは?カンちがいの5つのパターン

婚活でモテるLINE3つの条件。

  1. つづく
  2. 楽しい
  3. キモくない

理解できたでしょうか。

次は、もうちょっと深く「続かないLINE」「つづくLINE」を具体例とともに見てみましょう

>>あなたのLINE、あり?なし?チェックします