KONKATSU x LIFEDESIGN
2017.01.01

パートナーエージェントの会員数12,083人は少ない?IBJの1/5だけど…

パートナーエージェントには、12,083人の会員がいます。

この数字を見て、多いと思いますか?少ないと思いますか?

…よくわからない、という方が多いのではないでしょうか。

そうですよね。数字って、絶対的なものではなく 比較 しないと多い少ないは感じられないもの。

さらに、婚活に関していうと、ただ会員が多ければいいってわけではなく、運営システムによっても、使う側のニーズによっても、多い、少ないの感じ方は様々。そして、その人数が十分であるかの判断基準も、様々なのです。

ここでは、パートナーエージェントの会員数を、①他社と比較すること ②運営システムを考慮して十分であるか、を考えます。

結婚相談所を、人数で選ぼう!と思っている方は、ぜひ読んでみてください。人数だけでは選べないことに、納得いただけるかと思います。

2017/02/01 追記

会員数を比較する

パートナーエージェントの会員数を、他の結婚相談所と比較してみましょう。代表的な相談所、オーネット、ツヴァイ、サンマリエ、IBJメンバーズを取り上げました。

結婚相談所会員数
サービス名 会員数
IBJメンバーズ 58133人
楽天オーネット 46547人
ツヴァイ 32220人
サンマリエ 非公開(約2万人?)
ゼクシィ縁結び 約13000人
パートナーエージェント 12083人
ノッツェ 非公開

これは、各サイトに掲載されている会員数をひっぱってきたものです。※それぞれの実績の計測時期は各サイトを確認ください

これを見ると「え、パートナーエージェントの人数って、少ないじゃん!」と思う方、多いのではないでしょうか。確かに、1万2000人と、6万人近いIBJメンバーズを比べると、5倍くらいちがうので、さびしく感じるかもしれません。

でも、サイトに掲載されている会員数には、結構いろんな事情があるんです。それぞれの結婚相談所が公表している会員数の裏側をみていってみましょう。

IBJメンバーズの会員数の裏側

IBJメンバーズのサイトをみると、どどーんとトップに『日本最大の会員数約56000人』との記載があります。

ibjcap

IBJメンバーズのホームページキャプチャ

この数字は驚きですよね。

ただ、この会員数は、正確にいうならばIBJメンバーズの会員数ではないんです。IBJメンバーズに属したら、検索することができる『日本結婚相談所連盟』の会員数が約56000人なのです。

日本結婚相談所連盟って?

全国にある大小様々な結婚相談所 1,306社 が、日本結婚相談所連盟に所属しています。

各結婚相談所が抱えている自社会員の数は少なくても、そこに登録すれば、登録会員同士がお見合いを組んでいくことができるのです。その会員の総数が『約56000人』なのです。※2016年11月30日現在58133名

ということは、日本結婚相談所連盟に属している1306社が『検索可能な会員数は約56000人です』と記載可能ってことですね。

IBJメンバーズは、その日本結婚相談所連盟を運営するIBJという東証一部上場会社が運営する、直営の結婚相談所。日本結婚相談所連盟の中で、最大の会員数を抱えています。いわば結婚相談所の総本山

が、IBJメンバーズ自体の、自社会員の数は、現在ホームページ上では公開されていません。説明会に行った方の口コミでは3000人くらいとの記載がありましたが、その時期も不明。今、何人くらいいるんだろう。気になるところですね。

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数の裏側

ゼクシィ縁結びカウンターもサイトを確認するとどーんと『会員数は約13000人』と書かれています。

ゼクシィ縁結びカウンターHP

ゼクシィ縁結びカウンターHP

ただ、よく見ると、この数字はゼクシィ縁結びカウンター単独で抱えている会員数ではないことがわかります。

大事な部分をピックアップしますね。

※ご紹介対象となる会員様は、ゼクシィ縁結びカウンター会員様と、パートナーエージェント所属会員様のうち、「ゼクシィ縁結びカウンター」とのマッチングに許諾をして頂いているコネクト会員様(全国約9600人が登録)

ゼクシィ縁結びカウンターHP https://zexy-en-soudan.net/service/index.html#04

ゼクシィ縁結びカウンターの会員数(のようにみえる)13000人には、パートナーエージェントの会員も含まれているわけです。ただ、純粋なゼクシィ縁結びカウンターの会員数が何人なのかは公表されていないためわかりません。

「ゼクシィ縁結びカウンターはできて間もない結婚相談所なのに、あっという間にパートナーエージェントの会員数を越している!さすがリクルートグループ!」と驚くのは、早いってことがわかりますね。

オーネットとツヴァイの会員数は裏ワザなし!

結婚情報サービスであるオーネットとツヴァイが公表している会員数は、純粋な自社会員のみの人数です。

オーネットが約46000人。

ツヴァイが約32000人。

オーネットは婚活ブームで婚活サービスが乱立しているこの数年でも安定して会員数を増やしています。さすが。

ノッツェとサンマリエは会員数の記載なし

結婚相談所のノッツェとサンマリエは、会員数の記載を探しましたが、ホームページ上に会員数の記載は見つけられませんでした(2016年12月現在)。

数年前は確かに載っていたと思うのですが。

サンマリエに関しては、一部口コミサイトで約2万人という記載がありますが、正確なところはわかりません。

数字を公開しない理由は?(憶測)

ノッツェとサンマリエは、サイトのクオリティ、広告の出し方、店舗数などみても、楽天グループのオーネットとイオングループのツヴァイに差をつけられた感があります。会員数にも差がついて、掲載を取りやめたのか。

中小相談所ならばまだしも、ノッツェとサンマリエは一応、老舗であり、大手にカウントされる結婚相談所なので、会員数を含む実績を公開して勝負して欲しいものです。それが婚活業界全体の信頼につながっていく気がするのですが。

パートナーエージェントの会員数に裏はある?

パートナーエージェント以外の結婚相談所の、公表会員数の背景について述べてきました。

では、パートナーエージェントの会員数には、裏はあるのでしょうか。

結論をいうと、パートナーエージェントの会員数は、裏はなく 純粋な自社会員の数 のようです。

オーネットやツヴァイのようなデータマッチングの結婚相談所ではなく、お世話型の結婚相談所では、この自社会員数はだんとつです。

パートナーエージェントの会員数は右肩上がり

パートナーエージェントは、2006年にできた比較的新しい結婚相談所です。

ただ、うまい広告と、これまでの結婚相談所の欠点を補う運営システムで支持を得て、会員数は右肩上がり。

2012年に6402名だった会員数は、2016年には12083名に。たった5年間で約1.9倍にもなっています。

パートナーエージェントの実績

不安要素は、日本結婚相談所連盟の除名

飛ぶ鳥を落とす勢いともいえる、パートナーエージェントですが、不安要素はないのでしょうか。

強いてあげるなら、不安要素は、2015年までは属していたIBJグループの日本結婚相談所連盟を2016年の6月に離れたことです。

これまでパートナーエージェントは、自社会員同士での出会いを重視するけれど、希望しオプション料を払えばIBJグループの約56000人の会員データベースにアクセスし、お見合いを組むことが可能でした。

オーネットやツヴァイには自社会員数は劣るけれど、IBJグループの56000人ともお見合い可能。しかも、お世話型で実績重視というおいしすぎるポジショニングだったのです。

ただ、2016年に日本結婚相談所連盟を離れています。 自社会員数を大きく上回る会員とのお見合いはできなくなった のです。

実際、これまで年間120%のスピードで会員数を増やしていましたが、日本結婚相談所連盟を離れた2016年は104%しか会員数を増やしていません。まあ、104%っていうのもすごい数字ですけどね。

ただ、新規出店数も減っていますし、成長期から安定期に入ったとの見方もできます。今後の会員数の変化は気になるところですね。

ゼクシィ縁結びとの連携に期待

IBJグループとの連携はなくなりましたが、パートナーエージェントは、リクルートグループのゼクシィ縁結びカウンターと提携し 『コネクトシップ』 という新しい、結婚相談所の連盟をスタートしはじめています。

やっていることは会員間の相互乗り入れで、会員のシェア。スタートしたばかりで会員数はまだ13,000人程度のようですが、大資本のリクルートが本腰をいれて婚活に参入してきたとなれば会員は今後増えていくでしょう。

IBJがやっている日本結婚相談所連盟は、昔ながらの仲人さんがやっている結婚相談所が集う場所でした。

新たにはじまった『コネクトシップ』今後どうなっていくかは情報がみえないところがありますが、現状は、20代~30代前半の若い層が中心という口コミがあります。婚活業界に風穴を開ける存在になりそうですね。

ただ、そうなると激安のゼクシィ縁結びカウンターでも、パートナーエージェントと同じ会員と出会えるってことになります。サポートの質よりも、 出会える相手と価格 を大事に考える方はゼクシィ縁結びカウンターもチェックするといいかも。

2017/02/01追記 コネクトシップは確実に増える

パートナーエージェントとゼクシィ縁結びカウンターだけでなく、マリックス、日本仲人連盟、en婚活、日本結婚相談協会の4社もコネクトシップへの参加が決定しているようです。結婚相談所単体じゃなく、連盟を巻き込んでいっているのが大きいですね。システム構築のトラブルで相互紹介のスタートは遅れているようですが時間の問題。

具体的に何万人と出会えるようになるのか、公表されたらまた紹介します。

自社会員12000人の魅力

これまで、他社の会員数の実情、そしてパートナーエージェントの会員数の変遷と状況をみてきました。

言えることは、お世話型の結婚相談所として、自社会員12,000名という人数は、最大手だと断言できるということです。

次は、このパートナーエージェントの自社会員数約12000人が、あなたがパートナーエージェントで活動した場合に、どんな意味を持つのかを見てみます。

自社会員が多いことが、高いサポートの精度に繋がっている

パートナーエージェントは成婚できる結婚相談所として有名です。27.2%という高い成婚率をたたき出しています。

その成婚率の理由はコンシェルジュのサポートにあります。そのサポートの質向上に、自社会員の数が多いことがつながっているのです。

パートナーエージェントは、紹介もコンシェルジュがハンドメイドで行いますし、交際成立後もコンシェルジュが相談にのっていきます。

すべての会員が自社の会員であるパートナーエージェント。それはつまり、男性側のコンシェルジュも、女性側のコンシェルジュも、同じ社内にいるってわけです。お見合いや交際のフォローのための情報共有が、より密に行われやすいのです。

コンシェルジュ同士ではこんな会話が繰り広げられます。

「私の担当の斉藤さん、あなたの担当の山田さんとの交際で、今悩んでるみたいなんですよねぇ。山田さんの真剣さが感じられないって。山田さん、実際のところ、温度感どう?」

「私の担当の近藤さん、20代後半で年収600万円ですっごくやさしい男子なんだけど、よくしゃべってくれる女性じゃないとダメなの。35以下ならOKっていってるんだけど、いい子いないかな?」

※これはパートナーエージェントに限らず、お世話型の結婚相談所のあるあるトークです。

もちろん、大手の結婚相談所連盟に属していて他の相談所の会員さんとの交際していた場合、ちがう相談所同士が電話やメールでやり取りを繰り返して交際状況を確認する様子は日常茶飯事です。でも、相談所の数が1000を超えているので、別の結婚相談所のカウンセラー同士の連携の密度は、自社の同僚の信頼の密度にはかないません

コンシェルジュ同士が連携して、精度の高い紹介、密な交際サポートを行っていくことができる。これが、自社会員数が多い魅力。

出会える人数ではなく、出会った方と確実に成婚につなげていきたい。人数より、成婚率だ、と考える方にはパートナーエージェントは合っています

パートナーエージェントの実績

パートナーエージェントの魅力=コンシェルジュ

パートナーエージェントの魅力は、なんといってもコンシェルジュの紹介です。毎月17000円を超える高い月会費は、ほぼほぼコンシェルジュの人件費といえるほど。

なにをしてくれるのか?しっかり把握しておきましょう。

>>パートナーエージェントのコンシェルジュの働きと他社とのちがい。あなたに必要か?

オーネットと単純比較は意味がない

オーネットとツヴァイは自社会員だけで、パートナーエージェントを大きくうわまわる会員数を抱えています。特にオーネットの会員数46,000人はだんとつですね。

ただ、結婚情報サービスとしてデータマッチングによる紹介を重視するオーネットとツヴァイを、お世話型の相談所であるパートナーエージェントと、単純に会員数比較することはあまり意味がありません

データマッチングの結婚相談所のよりも、お世話型の結婚相談所の方が、 1つ1つの出会いへの重さは増します 。データだけではなく、人柄や相性を考慮して相手が紹介されますし、交際成立後もサポートがあり、出会いを育てていく傾向があるからです。

オーネットが合う方
  • とにかくたくさんの方と会っていきたい
  • 自分でアプローチできる
  • たくさんのライバルの中から選ばれる自信がある
  • 好みの人は自分でわかる

▼婚活力に自信がある方におすすめ

ちょっとまった!楽天オーネットに資料請求する前に知りたい5つのこと

パートナーエージェントが合う方
  • 数より質
  • 相性が合う方との出会いを大事にしたい
  • 丁寧なサポートが欲しい
  • 成婚できる確率が高い結婚相談所がいい
パートナーエージェントの実績をみる

 

まとめ|パートナーエージェントの会員数

あなたにとって、パートナーエージェントの会員数12000人は十分かどうか、判断できたでしょうか。

復習しましょう。

  • パートナーエージェントは自社会員だけで約12000名を抱えている
  • お世話型の相談所の中で12000名の会員数はトップ
  • 自社会員の多さはお世話の質を上げる
  • お世話型と情報マッチングの相談所、会員数の単純比較は無意味

というところですね。

とはいえ、パートナーエージェントの約12000人という会員数は、日本結婚相談所連盟の約56000人やオーネットの約4万人と比較すると、さびしく感じるのも事実。

 会員数を取るか、お世話とのバランスを取るか、何を大事に考えるか 、というところですね。

一度話しを聞いて、判断してみることをおすすめします。

▼しつこい入会営業にはやっぱり不安・・・実際はどうなのか?

パートナーエージェントの成婚力診断の体験談|やって大丈夫?電話勧誘はある?

関連|パートナーエージェントにはどんな人がいる?

何人いるかも気になるけれど、どんなひとがいるかはもっと気になりますよね。

データ分析して、他社と比べたパートナーエージェントの会員特性を浮かび上がらせました。

▼自分に合う人、いるかなぁ?

パートナーエージェントの会員ってどんな人?年齢、年収、学歴データを徹底分析

 

 

もっと知りたいぞ!